DB(ダン)クーパー事件の犯人の似顔絵画像は!?「死んだ」「消えた」など死亡説は本当!?パラシュートで逃げたその後は!?解決や真相についての情報は!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は3月31日放送予定の「世界の何だコレ!?ミステリー」にFBI唯一の未解決事件として知られるDBクーパー事件が紹介されますので…

 

 

DBクーパー事件の犯人の似顔絵画像や、死亡説に関する情報、また解決の真相は見つかったのか??などを解説していきたいと思います。

 




 

DBクーパー事件の概要は!?

 

 

DBクーパー事件の概要ですが、発生したのは1971年11月24日で、ノースウエスト航空のワシントンD.C.発シアトル行き11便にて起こりました。

 

 

その飛行機には、乗員が6名と乗客が36名おり、その乗客の中に犯人の「ダンクーパー」がおりました。

 

 

この「ダンクーパー」という名前、どうやら偽名だったそうなんですね。

 

 

飛行機が離陸後にダンクーパーは乗員のキャビンアテンダントにとあるメモを渡したそうです。

 

 

そのメモには「爆弾を持っている」と書かれておりました。

 

 

そして、さらに「身代金20万ドル」と「パラシュート4つを要求する」旨の脅迫文が書かれており、隣にキャビンアテンダントを座らせていたそうです。

 

 

その後、身代金とパラシュートが用意出来た為、乗客全員と乗員2名の人質を開放しました。

 

 

しかし、まだ乗員は4名残されていた状態であり、シアトルをその後離陸した後、ダンクーパーは機長に「ネバダ州のリノに向かえ」と指示され、更には「高度3,000mを維持した状態で、速度をおとせ」などと飛行方法まで指示をしてきたのだそうです。

 




 

DBクーパー事件の犯人はパラシュートで逃走!?

 

 

その後、犯人は飛行機後部のエアステアを開き、パラシュートを2つ抱えながら、身代金と共に空中へ脱出。

 

 

空軍が追跡をしておりましたが、結局上空の視界がおぼつかず、犯人の様子を捉えることが出来ませんでした。

 

 

そして、18日間犯人の捜索をしておりましたが、姿や手がかりは全く掴めず終いとなってしまいました。

 




 

犯人の似顔絵画像や解決はまだ!?真相は!?

 

 

その後、ダンクーパーに繋がる容疑者は分からず終いとなり、犯人の似顔絵画像のみが手がかりの状態となりました。

 

 

実はダンクーパーは指紋を全く残さずに脱出をしており、似顔絵以外の本名や正体が不明という完全犯罪ぶりに、大きな反響を呼んでおりました。

 

 

そして、この事件のあった日は「ダン・クーパー・デー」とも呼ばれるほど記念日として扱われる様にもなりました。

 

 

また、ダンクーパーの模倣犯も現れる様になり、FBIでも正に混乱状態にもなってしまった様なのです。

 




 

犯人のその後の行方は!?「死んだ」「消えた」などの死亡説が有力!?

 

 

犯人の行方やその後について、気になる人も多いのではないでしょうか??

 

 

実はいろいろな説が提唱されていますが、「死んだ」や「消えた」といった死亡説の声がどうやら多い様です。

 

 

色々調べてみると、コロンビアの川畔でピクニックで来た家族がダンクーパーが奪ったとされるお金(合計5,800ドル)を発見したそうです。

 

 

その為、「コロンビアの河畔で死んだのでは??」という声や、11月後半だったことも相なって「寒さで死んだのでは??」と言われておりました。

 

 

また、「逃亡後に死んだのでは??」という説もあり、2011年にFBI捜査官が「10年ほど前に男性が亡くなっていたが、それはダンクーパーだった!」という証言を入手したのだそうです。

 

 

ですが、これもまだ確証はない様であり、2021年現在においても身元はおろか、その末路ですらも不明という状態なのだそうです。

 




 

まとめ

 

 

以上がクーパー事件に関する内容となります。

 

 

今年でちょうど発生から50年を迎えますが、未だにFBIでも解決出来ない事件ということもあって、まさに歴史上でも稀な完全犯罪の典型例とも言えますね!

 

 

また、幾つか足跡については情報があるものの、それ自体が定かではなく、結局不明ということの様ですね・・・

 

 

科学の進歩により真相が明らかになった事件も多々ありますので、ぜひ解決へ導いて欲しいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA