中澤佑二の嫁は摩耶さん!?結婚や馴れ初めの情報は!?娘はラクロス部でロス五輪候補選手!?引退試合やセレモニー、引退理由は!?その後や今現在、芸能事務所は所属している!?身長や経歴などwiki風プロフィールにて紹介!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は12月26日放送予定の「有吉反省会」に元プロサッカー選手の中澤佑二さんが出演予定ですので…

 

 

中澤佑二さんと結婚した嫁の摩耶さんとの馴れ初めや娘がラクロスのロス五輪選手という噂について、また引退試合や引退後の今現在などについてを一挙公開していきたいと思います。

 




 

中澤佑二さんのプロフィールについて

 

 

まずは中澤佑二さんのプロフィールから紹介していきたいと思います。

・名前:中澤佑二(なかざわゆうじ)
・生年月日:1978年2月25日(2020年12月現在42歳)
・出身地:埼玉県吉川市
・身長:187cm
・体重:78kg
・血液型:AB型

 

 

中澤佑二さんは元プロサッカー選手であり、現役時代はその特徴的な髪型から「ボンバー」の愛称でも知られておりました。

 

 

特に187cmと恵まれた体格を生かして、相手選手とぶつかり合っても負けない強さがありますね。

 

 

特に空中戦やディング技術が素晴らしく、ボールの取り合いでも負けないので、「ボンバーヘッド」の愛称が付いたとも言われているそうです。

 

 

中澤佑二さんは非常に守備力の高いディフェンダーであり、田中マルクス闘莉王選手と並ぶほどの脅威的な選手だったとされています。

 




 

中澤佑二さんの引退試合やセレモニーは!?引退理由は何!?

 

 

そんな中澤佑二さんは2018年に左膝を負傷し、手術をするも、力が出し切れなくなったということもあって、2019年1月で引退となりました。

 

 

所属していた横浜F・マリノスは契約の延長も打診されていたそうなのですが、本人は引退を決意したそうです。

 

 

そして、引退後は本来であれば引退試合やセレモニーがあるはずなのですが、中澤佑二さんは「引退試合を行わない」ことを事前に発表し、引退試合やセレモニーを行いませんでした。

 

 

元々派手なことを好まない性格であった為、派手に引退試合はしたくなかったのかもしれませんね。

 




 

中澤佑二さんは結婚している!?嫁さんの名前は「摩耶」さん!?

 

 

中澤佑二さんは既に結婚しており、奥さんは「摩耶さん」という方だそうです。

 

 

しかし、一般人の為か摩耶さんの画像や馴れ初めについてなどの情報は一切ありませんでした。

 

 

美人という噂もありましたが、これも本人画像が無い為、何とも言えない様ですね。

 

 

今後の情報開示に注目ですね。

 




 

中澤佑二さんには娘が2人いる!?ラクロス部でロス五輪候補!?

 

 

中澤佑二さんには娘さんが2人いるそうですが、どちらも高校生であり、ラクロス部に所属していたそうです。

 

 

お名前は中澤こころさんと中澤ねがいさんだそうで、2020年2月当時で中澤こころさんは17歳の高校三年生、中澤ねがいさんは15歳の高校一年生だったそうです。

 

 

恐らく約1年前の話なので、現在こころさんは高校を卒業し、ねがいさんは高校2年生になっていると思われます。

 

 

お二人とも日本大学高等学校に在籍していたそうですね。

 

 

この日本大学高等学校はどうやらラクロスの強豪校だそうで、2人ともなんと日本ラクロス協会のウェブサイトに19歳以下日本代表選手の名簿にも載っていたことで話題になっています。

 

 

どうやらお二人ともミッドフィルダーのポジションだそうですね。

 

 

中澤ねがいさんは代表選手の中では最年少だそうです。

 

 

ラクロスは現在はオリンピック競技として実施されておりませんが、2028年のロス五輪でオリンピック競技になることがほぼ確定とも言われています。

 

 

なので、中澤こころさんもねがいさんも未来のロス五輪候補かもしれません。

 

 

2028年にはお二人も20代前半の若手選手になりますので、このまま上手くいけばオリンピックの代表選手に選ばれるかもしれませんね。

 




 

中澤佑二さんの引退後の現在は!?ラクロスの指導者をしている!?所属の芸能事務所は!?

 

 

中澤佑二さんの現役引退後の話はこの娘さんがやっているラクロスが大きく影響しております。

 

 

実は現在はラクロスの指導者として、活躍をしているそうなんですね。

 

 

元々ラクロスについては引退前から興味があったそうですね。

 

 

コーチになったのは娘さんがラクロスをプレーしているからという影響も多い様なのですが、同時にラクロス上達の手助けをしたいと考えている為なのだそうです。

 

 

また、2028年のロス五輪でラクロスが正式競技になる可能性が高いことも理由だそうですね。

 

 

現役時代から「NAKAZAWA SC」というサッカースクールも運営し、未来のサッカー選手育成にも力を入れていたそうなのですが、サッカーには優れた指導者やコーチが沢山いるということで、今はラクロスのコーチがメインの様です。

 

 

現在は日本体育大学で女子ラクロス部のコーチをしております。

 

 

中澤佑二さん自身はラクロス未経験ではありますが、サッカー選手時代のフィジカルトレーニングなどを中心に指導をされております。

 

 

また、ラクロスの試合観戦も行い研究し、指導もかなり熱を入れているそうなので、ラクロス指導にはかなり力を入れて取り組んでいるそうです。

 

 

ちなみに、度々メディアにも出ているので、「芸能事務所に所属している??」と思われがちですが、本人は現在事務所には所属していない様です。

 

 

個人でオファーを受けて、活動をされておりますので、実質フリーですね!

 




 

まとめ

 

 

以上が中澤佑二さんに関する情報となります。

 

 

引退後はサッカーの指導者ではなく、ラクロスの指導者になるというのは未経験でありながらもすごい挑戦ですよね??

 

 

今後はラクロス指導者としてより一層活躍していって欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA