事件、事故関連ニュース

白石隆浩被告(座間9遺体殺人事件犯人)犯行動機は!?実家や家族、父親母親妹は!?生い立ちは!?臓器提供の噂や現在は拘置所!?アパートの住所やオーナーは井上尚弥の父!?高校や生年月日、経歴などのプロフィールについての情報を公開!?

事件、事故関連ニュース

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

本日は2017年10月30日に起こった「座間9遺体殺人事件」について、犯人の白石隆浩被告に東京地裁が死刑判決を下し、速報として報道されましたので…

 

 

「座間9遺体殺人事件」を起こした犯人の白石隆浩はなぜ犯行に至ったのか、その生い立ちや経歴、その他周囲の情報に関して、解説していきたいと思います。

 




 

白石隆浩被告に関する基本的なプロフィール情報について

 

 

白石隆浩被告に関する基本的な情報は下記の通りとなります。

・名前:白石隆浩
・年齢:30歳(2020年12月現在)
・生年:1990年
・家族:母親、父親、妹
・住所:神奈川県座間市
・出身中学校:座間私立東中学校
・高校: 神奈川県立商工高校??(あくまで噂の情報です。)

 

 

白石隆浩被告は「座間9遺体殺人事件」の犯人であり、平成史上最も凶悪な殺人事件として当時大きく話題になりました。

 

 

きっかけを正確にお話しすると…

 

 

2017年10月30日に行方不明になっていた当時23歳の女性を探す中で、女性8人と男性1人の計9人の遺体が発見されました。

 

 

遺体の損壊がされていた様であり、非常に残虐性の高い事件として日本中を震撼させた事件かと思われます。

 




 

白石隆浩被告の犯行動機は!?被害者たちとはどの様に知り合った!?

 

 

こうした9人の殺害ですが、元々はツイッターの「自殺願望サイト」で知り合った女性たちだそうです。

 

 

ツイッターを通じて、女性を家に招き入れたそうですね。

 

 

動機は殺害された女性や男性によって、それぞれ異なる様です。

 

 

動機が多過ぎるので、一部抜粋すると・・・

 

 

・女性から借りた36万円の返済を免れる為に殺害
・性的暴行を加えて現金を奪い殺害
・男性と面識のあった女性が殺害されたことをその男性に知られることを恐れ、殺害

 

 

いずれを見ても、身勝手な犯行動機かと思われます。

 




 

白石隆浩被告の家族構成に関する情報は!?

 

 

白石隆浩被告は父親、母親、妹の4人家族です。

 

 

この4人全員で暮らしていたそうです。

 

 

ですが、妹が大学に進学してからは母親と妹は白石隆浩被告と父親との別居をし、その後白石隆浩被告の両親は離婚となったそうです。

 

 

また、父親は情報によれば「大手自動車メーカー」の下請けの部品メーカーに働く男性であり、近隣住民によると、すれ違えば丁寧に挨拶をされる方だそうです。

 

 

父親がそんな人柄だっただけに近隣住民は「この息子さんがそんな事件を起こすなんて」と驚いていた様子でした。

 




 

白石隆浩被告の生い立ちについて

 

 

そんな白石隆浩被告の生い立ちについてですが、学生時代はあまり目立つタイプだった様ではなく、地元の小学校を2003年に卒業。

 

 

中学校を2006年に卒業し、2009年に高校を卒業したそうです。

 

 

元々何か揉め事を起こしたりなどの記録もない様ですね。

 

 

むしろ、学生時代は真面目だったそうです。

 

 

その後、大学には進学をせずにアルバイトとして働いていた様です。

 

 

情報によれば、学歴は

 

 

・小学校:座間市立旭小学校
・中学校:座間市立東中学校
・高校:神奈川県立商工高等学校

 

 

この様になります。

 

 

勿論、あくまで噂ですので、確証はありません。

 

 

中学の時には委員会で活躍していたり、かなりきちんとしていたという声もあれば、「親友」と呼べる友達はいなかったそうですね。

 




 

高校卒業後はアルバイトを転々と!?歌舞伎町でのスカウト職以降は逮捕歴や悪徳の情報もあり!?

 

 

2009年に高校を卒業した後は実家を離れ、スーパーで働いていたそうですが、その後は職を転々としていたそうであり、電子機器販売やパチンコのお店に勤務をしていたこともあったそうです。

 

 

この働いていた時も、こうした残虐的な犯行とは全くかけ離れた「真面目」「普通」といったイメージだったそうです。

 

 

その後は新宿歌舞伎町の職業紹介(スカウト)の会社に勤務していた様であり、2016年ごろまで池袋に在住しておりました。

 

 

しかし、「スカウト」の仕事をしていた白石隆浩被告が茨城県内の風俗店に女性を紹介したとして、「職業安定法違反容疑」で逮捕されたことが明らかになりました。

 

 

2017年2月に逮捕され、同年5月には「懲役1年2ヶ月、執行猶予3年」の判決が言い渡された様です。

 

 

この時から白石隆浩被告は「悪徳スカウト」という噂が横行しており、「裏切りまくりの危険スカウト」などかなりの批判的な噂が流れておりました。

 

 

こうしたことから、「真面目」から「極悪人」に変わってしまったのかもしれません。

 




 

白石隆浩被告が事件を起こしたアパートの情報は!?

 

 

そんな白石隆浩被告のアパートですが、アパートの住所は下記の通りです。

 

 

住所は「神奈川県座間市緑ヶ丘6丁目16-15シーバスハイム2階」だそうです。

 

 

現在は「心理的瑕疵物件」(いわゆる事故物件のことです。)として、家賃が19,000円とかなりの破格となっております。

 




 

座間事件現場のアパートはプロボクサー、井上尚弥さんの父親真吾さんがオーナーだった!?

 

 

そして、これは偶然か否かはわかりませんが、なんとこの座間事件のあったアパートのオーナーはプロボクサーの井上尚弥さんの父、真吾さんだったのです。

 

 

これにはかなりのびっくりですね・・・

 




 

白石隆浩被告と「臓器提供」の関係とは!?

 

 

実は白石隆浩被告について調べていると「臓器提供」というワードも出てきます。

 

 

これは一体何を指しているのでしょうか??

 

 

実はこれは白石隆浩被告が「臓器提供」にも手を染めているのではないか??と週刊文春のとある記者が質問したことが話題になっているのではないかと思われます。

 

 

白石隆浩被告にスカウトされた女性からは店で働く時に身分証を取られて返してもらっていないという話があったそうです。

 

 

中にはスカウトした女性が海外に行って帰ってこないと言った噂さえも流れております。

 

 

マスコミの噂かもしれませんので確証はありませんが、こうした噂が流布して検索ワードに載った可能性がありますね。

 




 

まとめ

 

 

以上が白石隆浩被告の引き起こした座間市9遺体殺人事件とその他の情報となります。

 

 

本日、東京地裁で死刑判決が言い渡されましたが、本人は「死刑でも良い」と語っていたそうですね。

 

 

余りにも身勝手過ぎる犯行かつ、猟奇的な大量殺人ですので、ある程度死刑判決は免れないことはわかっておりましたが、非常に恐怖する事件ですね。

 

 

2度とこの様な事件が起きない様、こうした情報が少しでも犯罪の抑止力になればと思っています・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました