山口県阿武町4630万円誤送金事件

田口翔現在は沖縄か「給付金800万円使い込みで4に場所求めてた」山口県阿武町誤送金事件

山口県阿武町4630万円誤送金事件

2022年4月8日、山口県阿武町が誤って給付金4,630万円を1世帯に送金してしまった事件で、阿武町は給付金を返還拒否している男の名前が「田口翔」という人物であると公表しました。

田口翔は現在行方をくらましておりますが、新たに潜伏先として「沖縄」という情報が判明し、更には給付金を800万円以上使い込んで、沖縄で4のうとしていることが判明しました。

田口翔現在の場所が判明「沖縄説浮上」

田口翔に関する情報は下記の通り実名公表されており、住所も全て特定されています。

住所は「山口県阿武町大字福田下3437」ですが、田口翔本人は現在この住まいにはおらず、行方不明の状態です。

しかし、新たに「沖縄にいる」とみられる情報が爆サイで発見されました。

『阿武町のみなさん、田口翔は沖縄にいます。
もう死ぬしかないから沖縄に行くと言ってました。
私も連絡していますが、全く通じません。
見かけた人は誰か止めてあげて下さい。
いい子なんです本当は。』

田口翔の友人とも見られる人物が、田口翔について「沖縄にいる」との情報を呟いておりました。

田口翔の顔写真らしき情報は既にアップされておりますが、知り合いらしき人物のインタビューでは「いい子」と語られており、爆サイからも持ち逃げをする様な人物とはかけ離れた様子が見られます。

『いい子よ 若いんだから まだ男前だし』

以上からも、この爆サイの内容からも、田口翔が現在いる場所の手がかりとなる情報であり、沖縄に居る可能性は濃厚と見られます。

田口翔現在は沖縄か「給付金800万円使い込みで4に場所求めてた」

田口翔本人らしき人物が「800万円以上使ってしまった」「4ぬしかない」と絶望している様なコメントも発見されました。

『田口翔です❗
出頭したいのは山々なんですが、
もう既に800万以上使い込んでしまっています…
5300万も払えません😭
4のうか迷っています😭😭😭』

阿武町から誤送金された給付金は合計4,630万円ですが、訴状では5,115万円と書かれている他、弁護士費用は被告である田口翔が負担する旨も書かれています。

『1. 被告は、原告に対し、金5,115万9,939円及びこれに対する令和4年4月8日から支払済まで年3分の割の金員を支払え』

『2. 訴訟費用は被告の負担とする』

訴訟費用の情報は下記の通りであり、訴訟では5,115万円返還を目的としている為、「100万円ごとに3,000円」の訴訟費用が必要となります。

『訴訟の目的価額 1億円まで

100万円ごとに3,000円』

そうなると、5,100万円の場合は3,000×51=153,000万円。

更に、民事事件の弁護士費用の早見表を見ていくと、3,000万円の損害賠償の場合、合計477万円となります。

そうなると、5,600万円近くの金額にもなり、爆サイで語っていた5,300万円に近い金額となります。

よって、この爆サイのコメントは田口翔本人である可能性が高いと見られます。

田口祥現在は沖縄「残波岬で自害決意か」

田口翔本人らしき人物は「4のうか迷っている」と語っておりましたが、沖縄の自殺名所を調べていくと「残波岬」という情報が書かれておりました。

『沖縄では自殺の名所 – 残波岬/残波岬公園の口コミ – トリップアドバイザー』

残波岬は沖縄県読谷村にある断崖絶壁の岬であり、関連ワードにも「飛び降り」と出るほどであることからも、「自殺名所」というのは一目瞭然です。

田口翔は「5,300万円も支払えない」「4ぬしかない」と追い詰められた状態です。

そんな精神状態故、現在は命を断とうとして沖縄の残波岬にいる可能性は否定できません。

田口しょうは「大阪市西成区にいたか」

田口翔は大阪市西成区にいたという情報も発見されました。

『田口翔って大阪の西成に潜伏してるって噂だけど、西成のおじさん達に4630万巻上げられるんじゃない。笑

金だけで済めばいいけどね。。。』

 

『大阪から移住したから 

大阪 
西成にいるってさ🤗』

大阪市西成区といえば、リンゼイアンホーカーさんを殺害して逃走生活を送っていた市橋達也受刑者も潜伏していた場所。

田口翔

市橋達也容疑者は1年以上日雇いで仕事をしながら逃亡生活を送っており、逃亡者にとっては絶好の隠れ蓑です。

田口翔もまた、現在は逃亡生活を送っている身。

自然と逃亡者が隠れ蓑にしやすい大阪市西成区に、一時的に潜伏していたのでしょう。

田口翔は「借金癖があったか」

ところで、田口翔は阿武町の「空き家バンク」に住んでおり、最寄りの宇田郷駅からは10km以上、車で14分という非常に立地の悪い場所に住んでいます。

森奥にあり、とても20代の若者が住みつく場所には見えません。

阿武町の空き家バンク制度は街の過疎化防止の為の制度であり、空き家バンク制度を利用すると月15万円の補助金をもらえることになっています。

『「阿武町は過疎化が激しいので、ずいぶん以前から町外の人に空き家を提供しています。そこで農業や漁業などをやれば、町から月15万円を支払うなどさまざまな優遇措置を施しているんですが、Aさんはその移住者のひとりです」』
(週刊女性『《山口・阿武町 給付金4630万円誤送金》役場関係者から有力情報!返還拒否する“疑惑の移住者”を直撃』より抜粋)

更に、田口翔を知る近隣住民によれば、「一日中ずっといないことが多い」という情報もありました。

(田口翔の自宅は)電気が消えている日が結構多いですね。夜遅くまで働いてるかなって思いましたけど。(近隣住民の証言)

近隣住民の証言からも夜中は電気が消えていることが明かされていることからも、一日中働いているのでしょう。

田口翔は自治体から月15万円という補助金を貰いながらも、夜遅くまで働き詰めの状態。

更に、そこまで働きながらも、800万円もの使い込んでしまったことから、どんな手段を使ってもお金が必要だったのでしょう。

ここで、田口翔の様にお金に執着する人の特徴を調べていくと、「借金癖がある人が多い」と書かれておりました。

『お金依存症や金癖が悪いと借金癖につながる?
お金に過剰に依存している、身の丈にあった生活ができないなど、お金自体に依存していたり、金癖が悪かったりすると、やはり借金依存症や借金癖となりやすいでしょう。』

田口翔は月15万円の補助金や夜中まで働き詰めの環境でありながらも、4にたいほどの苦しみを抱えております。

それはきっと借金癖にあったのでしょう。

800万円という大金もきっと、借金の補填で消えたに違いないです。

【追記】田口翔現在が判明「警察に事情聴取」

田口翔の行方について、新展開です。

田口翔と見られる人物が警察の事情聴取を受けていることが新たに判明しました。

『町議会は512日、給付金の全額と弁護士費用などをあわせた5,100万円余りの支払いを求めて男性を提訴していた。

町は男性と連絡が取れなくなっているとしているが、関係者によると、男性は警察の任意の聴取に応じ、状況を説明しているという。』

(FNNプライムオンライン『【速報】男性が警察の任意聴取 山口・阿武町“4630万円誤送付”』より抜粋)

沖縄や鹿児島で自殺未遂を図ろうとした田口翔でしたが、ついに警察へ発見され、事情聴取を受けざるを得ない状況となりました。

阿武町役場は刑事告訴も検討している為、逮捕も時間の問題でしょう。

新たな情報が入り次第、引き続き追記していきます。

田口翔職場はホームプラザナフコ南荻店か「笑顔が下手な店員」山口県阿武町誤送金事件
2022年4月8日、山口県阿武町が誤って給付金4,630万円を1世帯に送金してしまった事件で、阿武町は給付金を返還拒否している男の名前が「田口翔」という人物であると公表しました。 田口翔の職場について調べていった所、「ホームプラザナフ...
田口翔現在の居場所は鹿児島県枕崎市か「火之神公園で自殺未遂」山口県阿武町誤送金事件
2022年4月8日、山口県阿武町が誤って給付金4,630万円を1世帯に送金してしまった事件で、阿武町は給付金を返還拒否している男の名前が「田口翔」という人物であると公表しました。 田口翔の現在の居場所を調べていくと、今度は鹿児島県枕崎...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました