手越のスキャンダルまとめ!干されないはずが、今回退所の理由は!?

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

今回は前回の続きですが、ついにジャニーズのお騒がせで有名な手越祐也さんがジャニーズ事務所を退所する意向を固めたとの情報が入りましたので…

 

 

なぜ今までは干されなかったのに、今回に関しては干されてしまったのかについて、違いを説明していきたいと思います。

 

 

さて、この違いについてを説明する前に前回のおさらいです。

 

 

前回は緊急事態宣言下での桜を見る会の参加や手越ガールズによる飲み会が問題となり、ファンからも痛烈な批判を浴びてしまいました。

 

 

更には芸能活動休止にもなり、今までお咎めなしとされていたことが嘘の様にバッシングされました。

 

 

これは

 

 

「空気を全く読まない行動をした」

 

 

ことが大きな原因でしたね。

 




 

では逆に、なぜ今まではスキャンダルが度々あってもお咎めが一切無かったのでしょうか??

 

 

これは

 

 

既に「手越祐也=スキャンダル」のイメージが付いてしまっていたから

 

 

ということです。

 

 

手越祐也さんは今までに14個のスキャンダルがあると言われています。

 

 

それを列挙すると…

 

 

1. 2013年 鬼頭桃菜と泥酔キス
2. 2014年 キャバ嬢が手越の女癖の悪さ暴露
3. 2014年 内田篤人選手とキャバクラ密会
4. 2015年 AKB柏木由紀とのイチャイチャ写真
5. 2015年 グアムで全裸騒ぎ
6. 2017年 ライン流出
7. 2017年 OLとのベッド写真流出
8. 2017年 反社会勢力との写真流出
9. 2018年 未成年飲酒
10.2020年 キャバ嬢が手越の自宅写真流出
11.2020年2月:銀座VIPクラブで美女と豪遊
12.2020年3月:昭恵夫人との桜を見る会に参加
13.2020年4月:手越ガールズ達と飲み会
14.2020年5月:謹慎期間中に豪遊

 

 

2020年はなんと5回もスキャンダルがあったんですねw

 

 

とはいえ、その2020年を除いても10回近くはスキャンダルがありましたが、ことごとくお咎めがありませんでした。

 




 

そもそも手越祐也さんは、チャラ男ながらも「女性に対しては常にサプライズなどで喜ばせる」という一面があり、女性やファンからも「チャラいが神対応なので許す」という雰囲気がありました。

 

 

しかし、今回のお咎めの原因は「空気が読めない行動をした」ということもありますが、それを更に分かりやすく言うと

 

 

「自分勝手な行動が浮き彫りになった」

 

 

のがファンを引かせてしまった要因ではないかと思います。

 

 

先日もお話しした通り、緊急事態宣言下では全国民が一丸となって、ウイルスを拡散させない様に我慢して自粛するというムードがありました。

 

 

ところが、手越祐也さんはこうした努力を無視するかのごとく、マイペースぶりを発揮してしまいました。

 

 

この様な「自分勝手な行動」がファンを幻滅させてしまった大きな原因かと思われます。

 




 

恋愛でもそうですが、「自分勝手な男」は当然嫌われます。

 

 

「自分勝手」と「自己主張」は似ている様で違います。

 

「自己主張」は相手の意見も汲んだ上での主張ですが、「自分勝手」は相手の意見を汲まないということですからね・・・

ここで言う「相手」とは、手越祐也さんのファンを含めた国民全体です。

 

 

「自己主張」と「自分勝手」の違いがよく分からないということでしたら、まずは

 

 

「相手」が関わっているのか否か

 

 

を先に考えることをお勧めします。

 

 

手越祐也さんの退所は個人的には悲しいですが、仕方ないかもしれませんね。


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA