知床遊覧船KAZU1座礁事故

知床観光船沈没の真相は船長にあった「岸壁付近を強行突破」KAZU1座礁事故

知床遊覧船KAZU1座礁事故

2022年4月23日、北海道の知床半島の沖合で26人が乗った観光船から「浸水した」との通報がありました。

カズワンという観光船が沈没したと見られますが、この理由について調査をした所、KAZU1船長が岸壁に当たるか当たらないかの場所を強行突破していた可能性が浮上しました。

知床観光船沈没の真相は船長にあった「岸壁付近を強行突破」

知床観光船の沈没事件について調査をしていくと、知床の観光船でアルバイトをしていたとみられる人物がツイッターに書き込みをしている様子が発見されました。

『学生時代に知床の観光船でアルバイトをしていた身なので、今回の事故は非常に胸が痛いです。

あそこには大小様々な観光船の会社があって、今回事故を起こしてしまったのは小型船のうちの一社です。

違う会社と混同しないように注意してください。流氷観光船で有名な『おーろら』も無関係です。』

 

沈没した観光船はKAZU1(カズワン)という船であることが既に明かされています。

このKAZU1の観光船の会社は「有限会社知床観光船」であり、カズワン以外にもKAZU III(カズスリー)という船を保有している小型船専門の会社です。

この知床観光船について調査をした所、「船長は断崖のギリギリ付近を通ろうとする」ことが書かれておりました。

『知床ウトロの観光船は、岸に沿って岬を北上するので『沖』と言ってもそこまで陸地から離れていないはずです。行方不明ということは最悪の事態が考えられます。

小型船は断崖の間近まで寄ることができるのが最大の魅力なので、船長さんはギリギリを攻めます。正直、座礁事故はけっこうあります。』

実際に知床遊覧船の観光船に乗ったことがあるという人物からは「見えない岩場があってぶつかるそうになった」と恐怖混じりで証言されました。

カシュニの滝付近は意外と目に見えない岩場があって、ぶつかりそうになって本当に怖い思いをしたことがあります。(観光船乗客の証言)

 

証言からもカシュニの滝付近は見えない岩場があるとみられます。

知床観光船は間近でヒグマを見れたり、断崖絶壁の風景も見れたりすることを売りにしています。

フェイスブックでもヒグマや断崖絶壁の光景が確認出来ることからも、売りにしている様子は一目瞭然でしょう。

しかし、岸壁付近は小さい岩場が見えることからも、危険が伴う場所である様子が一目で分かります。

知床遊覧船はそんな危険と隣り合わせの状態でありながらも、KAZU1の船長はヒグマや断崖絶壁の光景を売りにしている以上、岩場のある岸壁でも強行突破せざるを得なかったのでしょう。

知床観光船カズワン船長は「悪天候でも観光を強行開催」

ところで、知床遊覧船のKAZU1は「悪天候でも出航しがち」ということが書かれておりました。

『あまり言いたくないけれど、事故を起こしてしまった会社の船は他社よりも屋根のあるキャビン内の席が多いので、多少天気が悪くても、他の会社を差し置いて出港しがちなところはありました。

当該船舶は同業者の間で『潜水艦』と呼ばれていました。

今年2月のようす↓』

 

知床遊覧船は昨年6月にも座礁事故を起こしており、この時は浅瀬で座礁となった為、乗員乗客にケガはありませんでした。

『今回消息を絶った観光船「KAZU I」は昨年6月には、出港後に座礁事故を起こしていた。』
(読売新聞「消息不明の遊覧船、昨年には浅瀬に座礁…知床沖であいつぐ観光船事故」より抜粋)

『今回事故を起こした知床遊覧船の観光船「KAZU1」が出港後に浅瀬で座礁。乗員乗客にケガなし』

(読売新聞「消息不明の遊覧船、昨年には浅瀬に座礁…知床沖であいつぐ観光船事故」より抜粋)

 

幸いにも浅瀬かつ乗員乗客にケガがありませんでしたが、それが不幸にも事故の慎重さを失わせてしまったのでしょう。

実際に5月31日にもフェイスブックに事故を起こしたと匂わせる記述があり、6月10日まで自粛すると書かれておりました。

『6/10日までは、自粛の方向に決定いたしました
その後はまたお知らせできるかと思います』

 

結果として、自粛再開後に座礁事故を起こしたことは一目瞭然です。

よって、これまで大事故に至らなかったことがアダとなり、座礁事故が起きても安全確認が不十分な状態で営業再開をさせてしまったのでしょう。

その結果が岸壁付近を強行突破したことにより、大事故へと繋がってしまったと見てとれます。

知床観光船沈没はロシアと無関係「乗客は船舶内の建物にいたか」

この知床遊覧船の事故について、救命胴衣を付けているのに浮かんでこない理由が「ロシアにあるのではないか?」という記述も見られました。

『知床の観光船、もしかして沈没とかじゃなくロシアに曳航されたとかじゃ……
いくら海岸線はほとんど断崖絶壁とはいえ、船本体も救命胴衣着た20人以上の人間も全く見つからないっておかしくない?』

『知床の観光船、まだ何も見つからないらしい
みんな救命胴衣を装着してたそうなので、何かしら海面に浮いてると思うのだが』

 

救命胴衣なら水面に浮かぶはずが「なぜか浮かんでこない」と指摘されています。

しかし、結果として救命胴衣をつけていても建物に引っかかって浮かんでこないという記述も発見されました。

『知床の観光船まだ何も進捗ないんだな。
小屋の中にはいる形の船って救命胴衣着用してると建物内に引っかかったり浮力で出れなくなって逆に危ないって遠洋やってる知り合いに寝る時もライフジャケット着けてるかと聞いた時に言ってた。
無事を祈ります』

 

実際にKAZU1は殆どが屋根付きの遊覧船。

外に出て眺めるスペースがない様子からも、屋根付きの建物の中に乗客がいても不思議ではありません。

仮に救命胴衣をつけていても、中にいる状態で沈んでしまえば浮いては来ないでしょう。

乗客や乗務員が浮いていないことを「ロシアの陰謀」と結びつけて考えられていますが、今回はロシアとは全く関係ないとみて間違いありません。

くら寿司パワハラ上司名前はT橋氏か「他人に厳しく自分に甘い人間」週刊文春4月28日号
2022年4月21日発売予定の週刊文春にて、山梨県甲府市のくら寿司で店長を務める中村良介さんが上司からパワハラを受けて焼身自殺をしたことが暴露されました。 中村良介さんをパワハラした上司X氏について調査をした所、口コミに「T橋」という...
秀岳館高校サッカー部暴行コーチ名前は古嶋祐介氏か「トゲ付きスパイクで生徒に暴行」
2022年4月21日、熊本県八代市の秀岳館高校でサッカー部のコーチが生徒へ殴る蹴るの暴行していたことが判明しました。 この秀岳館高校サッカー部の暴行コーチの正体を調査した所、古嶋祐介コーチである可能性がタレコミから浮上し、更にはサッカ...
秀岳館高校暴力コーチ古嶋祐介は生徒に嫌われてた「学校外で会いたくない厄介者」
2022年4月21日、熊本県八代市の秀岳館高校でサッカー部のコーチが生徒へ殴る蹴るの暴行していたことが判明しました。 暴力を振るった人物は古嶋祐介コーチと見られていますが、古嶋祐介コーチは生徒から嫌われている形跡が発見され、更には生徒...

コメント

タイトルとURLをコピーしました