愛の不時着、最終回のネタバレ告白!!突然人気が出た理由とは??恋愛活動をする人へ伝えたいこと

みなさんこんにちは!

 

 

RONです。

 

 

新型コロナウイルスも漸く下降の兆しが見えてきましたね〜

 

 

ですが、油断すると一気に広まってしまいますので、まだまだ外出自粛はしながら、恋愛力アップを目指していきましょう!

 

 

さて、こうしたコロナウイルスの影響で外出自粛も目立っていることもあり、知っている人も多いかと思いますが・・・

 

 

Netflixでも話題になっている韓流ドラマ「愛の不時着」が総合ドラマランキング1位にもなり、話題となっておりますので・・・

 

 

この気になる最終回と、ここまで惹きつけてしまう魅力について、説明していきたいと思います。

 

 

その前に簡単なあらすじですが・・・

 

 

ソン・イェジンさん演じる韓国の財閥令嬢のユン・セリは、パラグライダー中、嵐に巻き込まれ北朝鮮に不時着してしまいます。

 

 

そこで出会ったヒョンビンさん演じるリ・ジョンヒョクは北朝鮮の兵士で、何とか彼女を韓国に戻そうと奮闘します。

 

 

そして、一緒にいるうちに恋が芽生えてしまうというストーリーです。

 




 

最終回は簡単なネタバレにしておきますが、敗血症で心拍停止の状態になったセリは心肺蘇生後に息を引き返します。

 

 

ジョンヒョクはこれに安堵しますが、NIS(韓国の国家情報院)は北朝鮮側が提示した9人の韓国人の捕虜とジョンヒョクら6人の交換取引に応じることに即決しました。

 

 

その為、結果として、ジョンヒョクは北朝鮮に帰還することとなってしまいましたが、セリはそれでもジョンヒョクに「会いたい!」となり、ジョンヒョクの乗った護送車を追いかけます。

 

 

結果として、セリとジョンヒョクは国境近くで会うことが出来ても、引き裂かれてしまい、別れの挨拶をします。

 

 

その後、セリはジョンヒョクからのメッセージを元にスイスへ訪れましたが、最終的に2人は出会うことができ、ハッピーエンドとなりました。

 

 

ここまでは韓流ドラマでもよく見るシーンですが、それよりも特に注目されたのが

 

 

「北朝鮮という国が鮮明に描かれている」

 

 

ということです。

 




 

北朝鮮は停電が起こることはしょっちゅうであり、村の人民班長が頻繁に家のチェックに来たりと日本では想像もつかないようなシーンが多く描かれています。

 

 

こうした描写をリアルに描いており、

 

 

「韓国人と北朝鮮人が恋どころか一緒にいるだけでも違法」

 

 

というぐらい、過酷な内容です。

 

 

そんな皆さんに今日言いたいこととして

 

 

「こうした国と比べて、日本は恋愛の自由があり恵まれている」

 

 

ということです。

 




 

北朝鮮では出会いがないどころか、恋愛をするにも何かと制限があります。

 

 

娯楽についても一般市民向けにはあまりないと言えます。

 

 

そんな状況の中、日本は娯楽についても恋愛についても自由です。

 

 

私がこうしたドラマを見て、皆さんに今一度考えて欲しいのは

 

 

「恋愛活動が今日もできることに感謝して欲しい」

 

 

ということです。

 

 

日本の様に恋愛が自由にできる環境があることを心から感謝して欲しいと思っています。

 




 

こうした「感謝」の気持ちがあれば、女性も自然とあなたに寄り添ってくるのではないかと思います。

 

 

逆に何かとつけて「あの女性はダメだ」と女性のせいばかりにしては、寄り添って来ないと感じています。

 

 

日本は恋愛が自由に出来ます。

 

 

しかし、こうした恋愛活動ができることに「感謝」の気持ちを忘れている人がいるので、ぜひ念頭に入れてもらいたいと思っています。


恋愛ランキング


デートランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です