悠仁様筑波大学附属高校裏口入学疑惑

悠仁様の筑波大学附属高校裏口入学は理由があった「優秀な許嫁と出会わせる為だった」

悠仁様筑波大学附属高校裏口入学疑惑

2022年2月16日に、秋篠宮家の長男である悠仁様が「提携校進学制度」を利用して、筑波大学附属高等学校へ合格をしました。

しかし、「提携校進学制度を利用して、裏口入学をしているのではないか」という明らかな疑問が話題になっておりますが、実は筑波大学附属高校の裏口入学は「優秀な許嫁を見つける為」に秋篠宮家が仕組んだ可能性が新たに浮上しました。

小室圭ニューヨーク生活は絶望的状況か「眞子さん就職困難で死活問題」
2022年2月24日発売の週刊文春において、小室圭さんはニューヨーク州の司法試験を合格してもビザ問題などの様々なハードルがあることを公表しました。 小室圭さんが弁護士になれなくても、小室眞子さんが美術館で働いて金銭的にサポートしていく...

悠仁様の筑波大学附属高校裏口入学は「優秀な許嫁と出会わせる為だった」

悠仁様の筑波大学附属高校の入学について、「出会いの場として入学させた」と見られるコメントが新たに発見されました。


『秋篠宮家は学校で勉強するつもりはなく、出会いの場だと思ってるから、共学の筑附を選んだのでしょう。噂されてた農大一高も渋渋も共学。よかったね筑駒。男子校で助かったね。』

 

秋篠宮家は「学校での勉学」よりも「出会いの場」に力を入れている様子が見られます。

実際に悠仁様は表向きは「東大進学」を目的としていますが、2021年の都内の東大進学率が高い高校のランキングを見ても、筑波大学附属高校はトップ10にもランクインをしていない様子は一目瞭然です。

また、悠仁様の入学する筑波大学附属高校は明らかに男女仲が著しく良い様子が書かれており、スキンシップも顕著に見られるような環境です。

『高3生、男女で大縄飛び
「もっと跳んで」。6月下旬、筑付の校庭で、40人前後の生徒が一緒になって大縄飛びをしていた。男子と女子が大騒ぎしながら楽しそうに跳ねている。那須和子副校長に「何年生ですか」と問うと、「高3ですよ。(10月の)スポーツ大会の練習でしょうね」と笑いながら話す。半年後には、東京大学など難関大学を受験する生徒たちばかりだが、いずれも余裕の表情で、あまりにも朗らかな笑顔に驚いた。

ホームルーム中の教室をのぞくと、これまた不思議な光景に出くわした。男女の机がくっついているのだ。那須副校長は「入学時は各人の机をある程度離していますが、いつのまにかに接近してましてね」とニヤッと笑う。同高の1学年の定員は240人、男女比はほぼ半々だ。男女共学の高校は多いが、隣同士で机をくっつけている教室は見たことがない。』
日経電子『塾も驚く「貴重」な名門校 筑波大付属高生の素顔』より抜粋)

更には、筑波大学附属高校には育ちの良い女性が多く存在しており、東大卒のタレントで筑波大学附属高校の山口真由さんも「付き合っている男女は結構いました」と語られている様子が見られました。

『同校出身で東大法学部を首席で卒業、財務省、弁護士を経て東大大学院で家族法を専攻する山口真由さんは、「付属高はやはり育ちのいい子が多かったですね」という。

山口さんは札幌生まれで高校からの入学組とあって、最初は違和感があったようだが、サッカー部のマネジャーをやりながら、雰囲気に徐々に溶け込んだ。高3の春には1つ上の先輩の彼氏もいた。「私の場合、相手はもう大学生になっていたので、夏には大学受験に追われてもう無理という感じになりましたが、つきあっている男女は結構いました」と打ち明ける。』
日経電子『塾も驚く「貴重」な名門校 筑波大付属高生の素顔』より抜粋)

山口真由さんが語る内容や「隣同士で机をくっつけている」という内容からも明らかに「出会いが豊富」である様子が見られます。

よって、悠仁様は「東大進学の為」は建前であり、実際は「出会い目的」で進学したことは一目瞭然と言えます。

悠仁様の筑波大学附属高校裏口入学は「両親と同じ出会いを歩ませる為」

悠仁様が「出会い目的」で筑波大学附属高等学校へ入学した根拠として、悠仁様の母親である紀子様が「秋篠宮文仁親王との結婚は自身が仕組んだこと」であると書かれておりました。

『悠仁さま叩きすごいな。紀子が秋篠宮と結婚したのも出会いがそもそも紀子の仕込みなんだから策士に決まってるでしょ。おおもとの時に祝福しといて今更同じようなことで叩く理由が分からん。』

 

実際に紀子様と文仁様の出会いも「学習院」であり、2人は高校、大学共に「学習院」であることは既に有名な話です。

また、悠仁様の進路は母親の「紀子様」が関わっていることも書かれております。


『悠仁さまの進路には紀子様が多く 関わってるとのこと。 筑波大付も早くに紀子様が動いて 決めているらしい。 宮内庁は学習院大学に進んで貰いたい らしいが聞く耳を持たないと。 秋篠宮さまとの出会いも…』

 

紀子様はきっと、悠仁様にも「自分と同じ様な出会い方をしてほしい」という目的で、出会いの多い高校に入学させたのでしょう。

よって、悠仁様は母親に半ば強引な形で「出会いの多い共学」へと進学させたことは間違いないと見られます。

悠仁様裏口入学は「筑波大学附属高校も喜んで賛同か」

悠仁様は一時期「お茶の水女子附属中でも成績優秀」と語られていたものの、実態は「成績は中の下で補講ばかり受けていた」ことが明かされています。


『お茶中の子から情報が出たみたい、筑附に進学は驚か無かったけど成績上位の優秀グループに驚いたとヒサヒト君はテストの後によく補講を受けていたので中の下だと思うと。』


『テスト後に、しょっちゅう補講を受けていましたから、せいぜい中の下程度の成績だと思いますよ。何人も家庭教師を雇って、勉強しているのに、成績は良くなかったみたいなので、あまり要領の良くないタイプだったのだと思います。』

 

他にも、悠仁様と同じお茶の水女子中学の友人へと取材をした所、「100点満点中40点だった時もあった」ことが証言されました。

悠仁くんは正直なんで筑波大附属に受かったんだろうって思いました。

国語は試験でも100点満点中42点だったことがあったし、他の教科も良いという話は聞かなかった。

成績優秀というのはちょっと違いますね。(悠仁様同級生)

 

以上から、悠仁様はお茶の水女子大学附属中学の噂でも「成績優秀」とはほど遠い様子が窺えます。

しかし、その反面、明らかにお茶の水女子大学附属中学では「学校側が悠仁様を特別扱いしていた」様子が語られております。

「19年4月に行われたお茶の水附属中の入学式では悠仁さまが新入生114人を代表して挨拶をなさいました。『それぞれが持っている力を大事に伸ばし、可能性や視野を広げていきたい』などと宣誓されたのです。お茶の水側は、悠仁さまが代表に選ばれた理由について“学業や人格的成長を総合的に判断した”としていましたが、そもそも新入生代表の挨拶自体、お茶の水中では過去になかった。つまり、学校側が率先して悠仁さまを“特別扱い”したわけです」(皇室ジャーナリスト)』

ヤフーニュース『「悠仁さま」進学に残された疑問と懸念 受験は形だけ? 筑附のご学友に孕む“リスク”』より抜粋)

 

また、学習院高校以外でも悠仁様を「宣伝」として利用しようとしている様子が語られています。

「悠仁さまを利用しようと近づいてくる人が出てこないとも限りません。もちろん学習院でもリスクはあったと思いますが、積み重ねられてきた経験もあった。ところが他校では、例えば卒業生が起業した際に“悠仁さまと同窓”と、宣伝文句に使われてしまったら対応を一から考える必要がある」
ヤフーニュース『「悠仁さま」進学に残された疑問と懸念 受験は形だけ? 筑附のご学友に孕む“リスク”』より抜粋)

 

以上から、悠仁様は学力が追いつかなかったとしても、話題性で学校側も喜んで入学を認めたことは否めない事実でしょう。

しかし、悠仁様だけを特別扱いすると学校にとっても秋篠宮にとってもイメージは大打撃。

だからこそ、一般受験と見せかけて、形だけでもカモフラージュしたのでしょう。

(週刊女性より抜粋)

学校側と秋篠宮家側の陰謀が手に取る様に見られます。

秋篠宮家は「民意を無視して次期天皇に」

悠仁様は成績が「中の下」という情報が出ているにも関わらず、作文コンクールの引用ミスで紀子様から叱責を受けていたことが明らかになっています。

秋篠宮家の「自主性重視」教育が、悠仁さんや母親である紀子さんを知らず知らずのうちに、心理的に追い込んでしまったのではないのだろうか。

「宮内庁は、悠仁さまが参考文献の記載が十分でなかったとの考えであることを認めているが、母の紀子さまはこの事態に驚かれ、悠仁さまをお叱りになられたという」と報じている。
PRESIDENT『「皇族なら併願校は必要ないのか」筑波大附属への進学を決めた悠仁さまに向けられる疑義』より抜粋)

 

そう考えると、悠仁様は秋篠宮家に翻弄されて生きており、秋篠宮家の「評価をあげるための道具」として見られているに違いありません。

しかし、その一方で天皇家の愛子様は世論調査でも「次期女性天皇」に賛成の声が87%にも上ることが書かれております。

『その凛々しい姿に、「愛子さまを天皇に」と推す世論も強まっているようです。2021年4月の共同通信による意識調査では「女性天皇」に賛成する回答が87%を占めたと報じられました。この高い支持率は、幼かった愛子さまが両陛下の愛情のもとで成長される様子を多くの国民が見守ってきたことの証左と言えるでしょう。』
文春オンライン『8割以上の日本人が待望する“愛子天皇” それでも“男系の天皇”を守るために慎重になる必要がある理由』より抜粋)

 

国民の9割が「愛子様を天皇にしてほしい」と要望しているにも関わらず、それでも黒い噂の絶えない秋篠宮家が皇位継承の順位で1位となっています。

『「女性天皇」を認める声は政治家からも挙がっています。昨年自民党の総裁選に立候補した高市早苗政調会長は「文藝春秋」2022年1月号で、女系天皇には反対だが女性天皇は容認するという考えを示しました。しかし、女性天皇を認めることは女系天皇への道を開く可能性が高く、切り離して考えることは現実的ではありません。

現在の皇位継承の順位は、秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまの順になっています。仮に高い国民の支持を理由に女性天皇を認めた場合、今上陛下の次の皇位には愛子さまがつかれる可能性も出てきます。』
文春オンライン『8割以上の日本人が待望する“愛子天皇” それでも“男系の天皇”を守るために慎重になる必要がある理由』より抜粋)

「女性だから」という風潮はまさしく日本の悪しき風習。

民意で望まれていることを無視してまでも、秋篠宮家を優先する様はまさに秋篠宮家の職権濫用を助長せざるを得ないと言えるでしょう。

そう考えると、悪しき風潮の中であっても、品格を保つ天皇家の愛子様はまさにご立派であり、逆に職権を乱用して悠仁様への裏口入学を押し進めた秋篠宮家に対する世間の評価はますます下がる一方に違いありません。

小室圭ニューヨーク生活は絶望的状況か「眞子さん就職困難で死活問題」
2022年2月24日発売の週刊文春において、小室圭さんはニューヨーク州の司法試験を合格してもビザ問題などの様々なハードルがあることを公表しました。 小室圭さんが弁護士になれなくても、小室眞子さんが美術館で働いて金銭的にサポートしていく...

コメント

タイトルとURLをコピーしました