顔見知りでない人に声をかける行為(ナンパ)ができない方へ

みなさんこんにちは!

 

RONです!

 

今回は「見ず知らずの人に声かけするのが苦手な人がどうすれば克服出来るか??」について、説明したいと思います。

 

簡単に言えば、ナンパですね笑

 

実を言うと、ナンパが慣れるようになるには、正直実践で経験値を積むのが一番です。

 

ですが、それだけだとこの日記を書いた意味がないので(笑)…

 

ナンパに対する考え方を変えて、ナンパを少しでも苦手克服出来る方法を説明していきたいと思います。

 

ちなみにみなさん、ナンパのイメージってどう考えていますか??

 

「かっこ悪い」
「恥ずかしい」
「やりたくない」

 

結構ネガティブなイメージばかりだと思います。

 

しかし、こういう考えこそ、ナンパを苦手意識してしまう原因なのです。

 

ならば、逆にこう考えれば、ナンパも楽しくなります。

 

それは

 

「ナンパは女の子の価値を上げさせる効果がある」

 

????

 

って思った人が多いので、説明しますね。

 

ナンパされた女性は、

 

「必ず女子同士の会話で、ナンパされたことを話す」

 

のです。

 

「なんか、変なやつにこの前ナンパされたんだけど〜」

 

と女子トークで決まって話題になるのです。

 

「なんで、嫌なことをされてるのに、周りの女性に言いふらしてるのだろう??」

 

そう思いますよね??

 

私たちはナンパが「女性に迷惑をかけること」という認識を持っています。

 

しかし実際はと言うと、ナンパをあたかも

 

「自慢」

 

のように言いふらすのです。

 

これはつまり

 

「私はナンパされるくらい周りの男子にモテるんだ」

 

とアピールしたいからに他ならないのです。

 

なので、今度からこう考えてください。

 

「ナンパによって、女性の株を上げてやっているのだ!」

 

というように。

 

ナンパは「人の為になる」と考えれば、ナンパに対する気持ちや心構えも違ってくるでしょう。

 

なので、ナンパは「良くないことだ」という考えは捨ててください。

 

当然、突然触ったり未成年をナンパするのはリスキーなので辞めといた方がいいですが…笑

 

とにかく、ナンパは恐れずやっていきましょう。

 

それでも

 

「ナンパがそうは分かっていても怖い」

 

というのであれば、まずは「バーナンパ」からオススメします。

 

スタンディングバーは女性同士で来てることが多く、大半がナンパしてくれと言わんばかりに、男性待ちのことが多いです。

 

それ故、まだストリートと比べてナンパがしやすい雰囲気です。

 

最初は「バーナンパ」から始め、慣れてきたら「ストリートナンパ」に移っていってください。

 

少しでもナンパはやりやすいと思えるよう、頑張っていってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA